2018年11月29日木曜日

苦しい仲良くがんばった

 松井塾長「想定外のことが起こるといい方向でも、悪い方向でも動揺する。松井塾長です。」

 松井塾長「中学1年の定期テストが帰ってきた。」

 松井塾長「正直な感想をいわしてもらえれば・・・」

 松井塾長「あの状況でよく点数が上がったなと思う今日このごろ。」

 道化師「想定外だったんですか。」

 松井塾長「はい。今日は慰めのコメントを用意していたんですが、必要がなかったので、とりあえず褒めようとしたんだが・・・」

 道化師「・・・・・。だが・・・・。」

 松井塾長「風邪を引いてしまっているから、思いっきり褒めてあげられなかったんだよーーー。」

 道化師「www」

 松井塾長「まぁ、とりあえず、中学1年生は、今回の定期テストで全勝したので、まぁ、良かった。次は、統一もしをぶっとばすしかない!!!」

 道化師「長い戦いですね。」

 松井塾長「長い!!!果てしなく、長い!!!」

 松井塾長「そして、ユーチューブの授業動画を完成させるのもしんどいぜ!!!」

 道化師「というわけで、総再生回数が一万回再生になりました!!!」

 松井塾長「いえい!!!」

 
 

2018年11月27日火曜日

英検準1級(2次試験も合格)

 松井塾長「英検準1級とるのは、ポテチを買いに行くのぐらい簡単。松井塾長です。」

 道化師「はい。というわけで、高校一年生と高校2年生がやってくれました。英検準1級合格しました!!!」

 松井塾長「まだだ!!!」

 道化師「と言いますと・・・まさかの???」

 松井塾長「そうだ!!!高校1年生は、英検1級を狙いに行くのだ!!!」

 道化師「いやいやいやいやいやいや!!!」

 松井塾長「なんだ!!!」

 道化師「高校一年生に、数3の積分まで覚えさせるような松井塾長に不可能は無いと思いますが、それでも・・・。」

 松井塾長「では、確率論でお話をしよう!!!」

 道化師「・・・・・聞くだけ無駄な気がする。」

 松井塾長「英検一級を持っている高校生は、全体で、400人程度と言われている。この内の大半は・・・」

 道化師「帰国子女か、英語の特別な学校に通っている場合がおおよそ9割である。」

 松井塾長「そうだ!!!しかし、そうでない人間は、一割程度なので、40人ということになる。」

 松井塾長「一学年に13人ずつ受かると仮定した場合。高校1年の段階で合格できる確率は、帰国子女をのぞく高校生1年生あたり、110万人と推定されるので、約10万人に一人の確率ということになる。」

 松井塾長「つまり、0.001%程度の確率ということになる。」

 道化師「ちなみにこの確率は、ドリームジャンボ宝くじで100万円が当たるのと同じくらいの確率です。」

 松井塾長「したがって受かる!!!」

 道化師「いやいやいや!!!」

 松井塾長「あのねーーー言わせてもらいたいんだが・・・オール2の生徒が国立東京工業大学付属高校に受かることってあるのかね???3年間がんばったとはいえ。」

 道化師「まぁ・・・データ上には存在していないですね。」

 松井塾長「ゼロ%をひっくり返した生徒が、0.001%の確率にビビっているっておかしくない???」

 道化師「まぁ、言われてみれば・・・。」

 松井塾長「俺は、負ける戦はしない。松井システム上で、可能なことを可能と言っているだけのことです。」

 松井塾長「しかし、皆さんによく覚えておいてほしいのは、大事なのは、やる前からあきらめることよりも、何事も全力で挑戦することのほうが大事だってことだ!!!」

 


最新の投稿記事

ロシア連邦 石油 天然ガス パイプライン

このブログで読まれている記事