2018年1月31日水曜日

松井クエスト2(死闘330日偏差値上昇不明の戦い)その1

 はいどうもこんばんは、松井クエスト2(偏差値上昇不明の戦い)その1でお送りしていきます。

 名言「可能性が低いってことはそれはつまりゼロじゃないってことなんだ」(ワンナウツ)

 迷言(松井塾長)「可能性がゼロってことは、それはつまり、ゼロじゃないってことなんだ!!!」

 誤解のないようにお伝えしておきますが、小学校5年の統一模試をやって偏差値21ぐらいの高校3年生が、ということです。

 小学校5年の統一もし偏差値21ぐらいから、河合模試偏差値45ぐらいに330日でなったということです。

 わかりにくい???(お前何言ってんだって話???)

 まぁ、要するに、小学生5年生で一番頭悪い人より頭悪い状況の不登校でもないしギャルでもない高校3年生を330日の死闘で受からせた話。

 道化師「やっぱ何言っているかわからないwww」

 松井塾長「まぁ、要するに塾長と生徒が命がけで一生懸命がんばったってことだ!!!」

 時は、さかのぼること、1年前の2月

 松井塾長「うーん偏差値240も上げて合格させるのは本当にしんどかった。2度とやりたくねぇ!!!」

 プルルルガチャ

 松井塾長「お電話ありがとうございます。松井塾です。」

 生徒の親「松井塾では、大学受験もやっているんですか???」

 松井塾長「???はぁ、やっていますが。」

 生徒の親「そうなんですか。」

 松井塾長「まず、だれ???」

 カクカクシカジカ。

 松井塾長「はぁ、わかりました。まぁ、じゃあ、成績を一覧を見せてもらえますか?駿台模試もってますか?」

 生徒の親「すいません。駿台模試ってなんですか?」

 松井塾長「(想定内)はぁ、では河合模試を見せてもらえますか?」

 生徒の親「河合模試ってなんですか?」

 松井塾長「(想定内)はぁ、では進研模試を見せてもらえますか?」

 生徒の親「進研模試ってなんですか???」

 松井塾長「・・・・・・(想定外)噂には聞いていたが、進研模試すら受けない普通科の高校があると聞いたがあの噂は、本当だったのか???」

 松井塾長「すべてのデータを持って松井塾に来てください。」

 本人と親と松井塾長の三者面談がはじまる。

 高校名 〇〇高校(普通科)3年生(高校受験案内の一番下にのっています。)

 学校の成績 赤点がないが赤点に近い点数が・・・

 出席日数「ほぼ皆勤か皆勤だったはず。」

 松井先生「君はギャルですか?」

 生徒「いいえ違います。」

 松井先生「真面目そうですね。(だから、余計にヤバイんだが・・・)」

 さて、実際に国語の問題をやってみると・・・

 松井塾長「これわかる???(高校1年生国語)」

 生徒「・・・・・・。」

 松井塾長「これわかる???(中学1年生国語)」

 生徒「・・・・・・。」

 松井塾長「これわかる???(小学5年生国語)」

 生徒「少しは、まぁ、わかる。」

 松井塾長「(何だこれは・・・)(小学校5年生統一もし偏差値21相当だと。ばかな。ありえねぇ。いくらなんでもありえねぇ。落ち着け落ち着け落ち着け落ち着け。)」

 松井塾長コンピューティング作業開始!!!

 「小学5年生から、看護の専門学校に受かる偏差値を逆算して考えると・・・」

 看護の専門学校偏差値が、河合模試偏差値40で合格する可能性がある。確実にするためには、偏差値50は必要になる。

 河合模試の偏差値で50ということは、統一模試で偏差値60程度を持っていて、かつ、そこから3年間平均的な勉強時間を開始したとすると、ざっと必要な勉強時間数は・・・

 小学校5年の偏差値20から60にするまでの勉強時間は、偏差値1上昇あたり、20時間なので、20時間かける40✕3科目で2400時間

 小学生の平均勉強時間は、1.5時間✕360日で540時間

 540時間+540時間=1080時間

 中学生の平均勉強時間3時間✕360日✕3年=3240時間

 受験をする高校生の平均勉強時間5時間✕360日✕3年=5400時間

 松井塾長「(おおよそ、12000時間必要なわけですな)(てことは、一日24時間勉強したと仮定して、500日必要な計算になるわけか。しかもこれに、小論文がのっかってくる上に、面接の対策をする必要性がある。)」

 道化師「松井塾長は、考えても無駄なのでその内考えるのをやめてしまった。」

 第2部(完)

 松井塾長「んなわけねぇだろ!!!」

 松井塾長「可能性は億に一つもないなぁ。」

 松井塾長「うん。君が、一生懸命がんばって、私が一生懸命教えても、受からない可能性のほうが高いですが、それでもあなたはやりますか?」

 生徒「はい。やります。」

 松井塾長「(ほ~う可能性が一%ぐらいは出てきたかなぁ。)」

 道化師「もうお腹いっぱい。www」

 松井塾長「だけじゃない!!!」

 道化師「ムリムリムリムリムリ!!!」

 松井塾長「バイトしてたんだよね・・・」

 道化師「・・・・・・・・。」

 松井塾長「・・・・・・・・。」

 道化師「・・・・・・・・。」

 松井塾長「・・・・・・・・。」

 道化師「え?こっからまだ時間的な縛りが発生するのか???」

 松井塾長「・・・・・・そうだ。・・・・。」

 道化師「・・・・・・・。」

 道化師「ちなみに、この時松井塾長は、ジョジョ風にこう思ったそうです。」

 松井塾長「だめだ・・・実力の差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・甲子園優勝チームに、バットも持ったことがない茶道部か何かが挑戦するようなもの・・・みじめ・・・すぎる・・・」

 松井塾長「全然違います!!!」

 松井塾長「だめだ・・・実力差がはっきりしすぎている・・・これじゃあ・・・ヤンキース相手に7回試合をして、1番から9番までが俺で、先発中継ぎ抑えが全部俺で、99点のハンディキャップを背負わされて、7試合全部勝てと言われているようなものだ・・・みじめ・・・すぎる・・・」

 道化師「ところが・・・次の日になると・・・松井塾長は・・・」

 松井塾長「ようは、ヤンキース相手にバックスクリーンに100点分放り込んで、27奪三振するのを7回繰り返せばいいだけのことだろ。問題ない!!!」

 道化師「と、なりましたwww」

 次回は、だいぶあくと思います。これを書いているとしんどくなります。松井クエスト1の方も気が向いたら書いていきます。

 まだまだクリアーしなければいけないクエストが大量にあるので・・・

 次回「松井クエスト2・祈るな・拝むな・お前の握っているそのペンはなんのためにある!!!感謝は、受験が終わったその後でやれ!!!」

 

最新の投稿記事

ロシア連邦 石油 天然ガス パイプライン

このブログで読まれている記事